震災から生きた経験

こんにちは、北見尚之です。

先日、福島県沖を震源とした大きな地震が発生しました。東日本大震災で大きな被害を被った福島で再び大きな地震が起き、現地の方々は不安な日々が続いていること、謹んでお見舞い申し上げます。

東北の方に住んでいる何人かの友人と連絡を取りましたが、交通機関などに遅れが出たものの、大きな被害がなかったとのことで、ホッとしているところです。

今回の地震も、東日本大震災の余震だとかで、未だに影響があることに驚かされています。これからどんどん寒くなってきます。とにかく被災地の方々が少しでも暖かく、落ち着いた年末を過ごせるよう、祈るばかりです。

さて、今回の地震について、驚いたことがありました。
それは、NHKの津波速報です。

画面の中央に、大きな文字で「すぐ逃げて!」と表示され、速報を伝えるニュースキャスターもかなり強い断定口調で、とにかく逃げることを訴えるという内容です。NHKによると今までは、とにかく慌てずに落ち着いて、と冷静に報道していましたが、先の津波被害を経験し、まずは避難することを強く意識するようにしたそうです。

考えてみれば、テレビを見るだけの余裕がある、ということはある程度落ち着いた環境と言えますよね。そんな時に、慌てず、落ち着いて避難することを訴えても、緊急性は薄れてしまう気がします。

この速報の方針転換で、今後の被害拡大の抑制に繋がってくれればと思います。

北見 尚之