泣けるはずの映画で・・・

こんにちは、北見尚之です。

あるニュースを見て、そういえば・・・と思いだしたことがあります。昔、ある映画を友人と見ていて、シリアスシーンで友人が爆笑していたことに違和感をもったことです。

その映画のファンとしては、そこで笑うなよ、と少々腹立たしく思った覚えがあります。そのニュースとは、アメリカのブルックリンAlamo Drafthouse Cinemaにて、木村拓哉主演「無限の住人」が上映されたが、まるでまったく違う作品を流しているかのごとく、日本とは観客の反応が真逆だった、というニュースです。

日本人なら感動するシーンで、終始、爆笑しているのだそうです。そういえば以前にも「海猿 ウミザル」ニューヨーク上映の際、日本では観客みんなが号泣するラストのクライマックスで、観客全員、大爆笑だったらしいですね。監督は泣かせるつもりで撮ったということで、「正直、戸惑っています」というコメントをだされていました。

じつは私もその映画を見て、少し笑っちゃったんです。そのシーンは、海上保安官の主人公が、決死の覚悟で出動。 命がけの任務。その最中に主人公が恋人に電話で愛の告白。 それが誤ってチーム全体のマイクのスイッチをONにしたまま、しゃべってしまったから、チーム全員に聞こえてしまった。 それを聴いて涙ぐむ仲間たち。ただ私は、全員で命がけの任務中にそんなことしていていいのかって、思ってしまいました。その時は一緒に観ていた妻に私が変な目で見られてしまいました。昔の友人のことを怒れませんね。

これはアメリカ人の感覚が違うとか、そういうことではないのかもしれません。命がかかっているときに、愛の告白を聞いて感動している余裕などあるはずありません。もっとも、そこは映画なのだから、といわれればそれまでですが。

みなさんも似たような経験、ありませんか?

北見尚之