日本人の幸福度

こんにちは、北見尚之です。

今の日本人は自由に暮らせるお金や時間は手に入れ幸福絶頂、のはずなのですが、国別の幸福度調査ではなぜか今年も下位のほうで、世界第51位でした。

もっと別の事がしたいとか、なぜか楽になった気がしない、将来が不安、このような悩みを多くの方が感じているようです。それは何故なのでしょうか。
どういう方がそのような悩みを抱えているのかというと、意外な事にすでに成功し、幸福を得ているはずの方が多いと聞きます。

そこでふと思ったことがあります。これはビジネスの世界の話ですが、選択肢が多いほど満足度は下がる、選択肢が少ないほど満足度は上がる、という法則があります。商品は1つにして選択肢がない方が、実はお客さまの満足度はあがるという考え方です。

実際に多くの選択肢がある中から商品を選ぶと、他の物にすれば良かったかも、と迷うようになって満足度が下がるという傾向があります。

これと同じ事が人生でも起こっているのではないでしょうか。がむしゃらになにかに集中していた時は良かったのです。それが受験であっても。ところが、それが成功し、うまくいくようになると、世の中には想像を絶するほどたくさんの選択肢がある事に気づきます。

選択肢がなくて、がむしゃらになにかを追いかけている時は迷いがありません。そして、うまく行くようになると、この幸福がいつまで続くのだろう、他に選択肢があったのではないだろうか、などと思ってしまう事が誰にでもあるようなのですね。

では今後どうしたらよいのか、その解決策は一つしかないと言われています。その選択肢を消すわけにはいきませんから、逆に世界にでて、そのたくさんの選択肢を一通り見てくること。そしてその中から、これしかない、と思えるような選択を自らがすること、だそうです。そのためにはまず、世界の現実を正しく見て、正しく判断できる智慧が必要だと思いました。

                                          

北見尚之