新築とリフォーム中古、どちらがお得?

新居の購入する際、「新築と中古は、どっちがいいの?」と迷っている人は多いと思います。最新のシステムが揃う新築物件と、比較的リーズナブルな中古物件のそれぞれの良さについてご紹介します。

「新築物件」のメリット

☆最新技術で新しい!

新築の良さは、新しい素材を使って最新の技術で建てられた住宅なので、快適な暮らしができること。また中古物件と比べると耐用年数も長いので、当面はメンテナンスなしで暮らすことができます。

☆自分好みにできる

注文住宅はもちろん、建売住宅であっても完成前ならオプションを付けられるケースも。中古住宅と比べると自分好みの家が建てられるのがメリットです。

☆新たなコミュニティを築ける

新しい分譲地には住人が一斉に入居するため、新たなコミュニティをつくりやすいです。新しい商業施設などがオープンする可能性も高く、利便性も良くなるケースも。

「中古物件のリフォーム」のメリット

★価格が安い

新築物件と比べて中古物件は値段が安いのがメリット。リフォーム代を上乗せしても新築物件より安く入手できます。リフォームによって自分好みの空間をつくり、新築物件と見劣りしない状態にすることも可能です。

★生活イメージが想像しやすい

すでに出来上がっている物件なので、新生活をイメージしやすい。新築物件の場合は日当たりや風通しは完成するまでわかりませんが、中古物件なら、あらかじめ確認することができます。街並みも完成されているので、そのエリアでの暮らしをイメージできるでしょう。

★選択肢が多い

中古物件はすでに完成している物件なので、新築物件がなかなか建たないような場所に住むことが可能です。中古物件なら、憧れのエリアに住むことができるかもしれません。

◎ローンについて

基本的に新築物件も中古物件も住宅ローンの対象となりますが、中古物件は金利優遇の対象にならないことも。また、リフォームには住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンを借りなくてはならない場合もあるので、事前にしっかり確認しましょう。

◎住むまでの家賃

賃貸から新築の住み替えを考えている人は、入居までの時間も考慮する必要があります。中古物件はすでに完成していることから、すぐに入居することが可能です。しかし新築物件やリフォーム物件の場合は入居までに時間がかかるため、その間の家賃を払い続けなければなりません。

新築物件にも中古物件にもそれぞれの良さがあり、どちらがいいとは一概に言えないものです。新築物件にしても中古物件にしても、安い買い物ではないので、家族でじっくり検討して、後悔のないように決めたいものです。

2 comments

  1. I was suggested this blog by my cousin. I’m not sure whether this post is written by him as nobody else know such detailed about my problem. You are wonderful! Thanks!

  2. Does your blog have a contact page? I’m having trouble locating it but, I’d like to shoot you an email. I’ve got some ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great website and I look forward to seeing it improve over time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>