定着は難しいプレミアムフライデー

こんにちは、北見尚之です。

2月の月末の金曜日から「プレミアムフライデー」がスタートしました。

経済産業省と経団連が連携、月の最後の金曜日、15:00の退社して、外食をしたり、遊びに行ったりしてもらうなかで、個人の消費を増やし、経済を活性化させるという取り組みですが、皆さんの勤め先はいかがだったでしょうか。

もし、この取組に参加できたという方がいれば、かなりレアなケースです。

経産省の呼びかけもむなしく、実施している企業はごくわずかで、月末の金曜日という一番忙しいところで、15時退社はとてもじゃないが、難しいという企業が大多数のようです。

また、早めの退社で週末を満喫してお金を使ってもらうのが目的ですが、この時間に帰れるなら、寄り道せずに帰ってゆっくりしたい、という意見も聞かれ、帰ってマイナス効果になる可能性もあるようです。

都心部の飲食店では、せっかくの給料日直後の週末、一番の売り上げが期待できる日にこのキャンペーンは大丈夫なのか。少しでも寄り道してもらおうと、プレミアムフライデーに合わせた割引などの対応に追われ、お店側からもあまり支持は得られていないようです。

まだ始まったばかりで、すぐに結果が出るわけではありませんが、個人的に取り組み自体が現実的ではない気がしています。習慣化させるには、極端な話、国が補助金を出すなどのカンフル剤を打つ必要があるかなと思います。

とはいえ、そのための財源は捻出するために、どこかで我々の負担が増えてしまいます。経済効果は上がるかもしれませんが、個人の感覚からすると、果たしてプラスなのか、首を捻ってしまいます。