国境を越える通貨で変わる世界

こんにちは、北見尚之です。

昨年もいろいろな話題があり、世界の変化もますます加速しているように感じています。経済においては仮想通貨が出現し、いま大流行しています。

仮想通貨と言えばいまだに、なにか怪しいというイメージがつきまとい、また、通貨として定着するはずない、銀行が許すはずがない、といった意見も多くみられます。

ただ、私は仮想通貨には、これまでの通貨の概念を根本から変える可能性があると感じております。あたりまえですが、通貨の強さはその国が持つ国力と比例しています。

つまり日本が強い時は円が強くなり日本が弱いと、円も弱くなるということです。アメリカが世界一強いのは米ドルが世界の基軸通貨だからです。つまりドルが世界経済を動かしているからなのです。昔は英国ポンドが基軸通貨でした。だからかつてはイギリスが世界最強だったわけです。別な言い方をすれば、アメリカが強いからドルが基軸通貨になったのだとも言えます。ということは、日本の国力によってあなたの資産の価値も変動するということになります。

日本で裕福でも、日本が弱いと世界的には、貧しい部類に入るということも起こりうるわけです。たとえば日本で年収5000万円あっても他国では中流だということも起こるかもしれません。ですが、仮想通貨が実際の通貨として認められると、そういったことがなくなってしまうのです。

なぜなら、仮想通貨はどこの国の通貨でもなく、国力の影響を受けないからです。通常それぞれの通貨は、それぞれの国によって保障され、また管理されています。だからこそ価値があるのですが、それに対して仮想通貨は現時点ではどの国も実際の通貨として保障はしていません。

なぜ仮想通貨に実際の価値が生じているのかといいますと、それを使っている世界中の人々がその価値を保障しているからです。国ではなく、個人個人が保証しているわけです。

その仮想通貨が流通すると国による通貨の価値操作ができなくなります。だから世界経済が根本から変わる可能性があると指摘されているのです。貧しい国も強い国と同等の取引が可能になっていくのですから。これから世界がどう変わっていくのか目が離せませんね。

北見尚之