仮想通貨でびっくりするくらい利益がでている話

こんにちは、北見尚之です。

興味本位で少額のビットコインを購入しましたが、先日その値をみたら数倍になっていることにびっくりしています。さて、この仮想通貨を支えるブロックチェーンという技術は、2008年に、ナカモトサトシ(おそらく仮名、誰かはわからない)と名乗る人が、”Bitcoin: A Peer to Peer Electronic Cash System” という論文を発表したことから始まっています。

この論文によりデジタル通貨の弱点(不正使用がしやすいなど)を補う技術を発表しました。いままでは通常の紙幣や硬貨と違い、デジタル通貨は、簡単にコピーが可能なので、一元管理しなければなりませんでした。わかりやすく言うと、私が○○銀行に預けたお金は、その銀行内でのみ、デジタル通貨として通帳に記載されます。実際の紙幣はそこにはありません。当然、そのデータはその銀行でしか取り扱えないシステムです。

ですから、それを他の銀行に送金しようとすると双方でデジタルデータ「電子元帳」を書き換えなければならず、そのための手数料が発生します。

一方、ブロックチェーン技術による分散通貨システムでは、銀行抜きで分散型の「電子元帳」でデジタル通貨を管理できる技術により、利用者はデジタル通貨さえ持っていれば、銀行を利用しなくても、いつでもどこでも使えるし、送金もできるというシステムです。つまり、仮想通貨が発展すれば銀行が消滅するかもしれないというくらいの技術なのです。ブロックチェーン技術は画期的で、HTTP や HTMLなどに匹敵する技術だとも言われています。

ではデジタル通貨の安全性はというと、そこがネックになっていました。そこで、ナカモトサトシ氏は、電子元帳への取引追加(送金など)を高度計算化しただけでなく、それに参加する他のサーバーが協力しないと追加できないシステムにしたのです。

つまり、送金、受取の内容がデジタル通貨を管理する人全員に監視されているようなもので、そのやりとりは最初の取引(所有者)から現在にいたるまで、どこからどこに移ったかなど、すべて記録されています。当然、参加者が多ければ多いほど不正は難しくなり、その価値が上がっていきます。さらに、ブロックチェーン技術を土地台帳や、その他の財産管理、はては政治への応用も考えられていて、中央集権型の政治、銀行が一元管理するシステムに代わり、市民が自ら監督し、正確に記録、保護され、不正のない取引が始まれば、世界のパラダイムの転換を起こすかもしれません。仮想通貨はその可能性を秘めているのです。

北見尚之