人がいるからこその価値

こんにちは、北見尚之です。

先日、仕事の関係で10数年ぶりに郊外のとある街に訪れたのですが、駅周辺のあまりの変わりようにとても驚きました。

区間が長い駅同士の間に新しく建てられた駅で、当時、訪れた際は駅前ロータリーは広く作られていたものの、コンビニが1件と不動産屋が1件建っているだけ。テナント募集中のビルばかりが並んで寂しい駅前でした。

10数年を経て、飲食店も何軒か並び、ビルにはいくつかの中小企業が入り、100円ショップや洋菓子店もできていて、閑散としたイメージはすっかりなくなっていました。

この駅前の賑わいは人の重要で、利用者が増えればそこに住みたいと思う人が出てくるわけです。大都市圏からの直結の路線であれば、さらに希望者は増えていくでしょう。人の流れはそのまま付近の不動産価値の上昇につながるのです。
このような試金石を見つけられるかどうか、私たちにとって重要な仕事の一つです。

北見 尚之