世界中のどこからでも360度リアルなVR映像で物件の内覧が可能に

国内外の不動産ネットワークと実績を強みとする不動産仲介・販売企業であるリストインターナショナル リアルティ株式会社(代表取締役社長:北見尚之)は、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月より全支店にて導入を開始した。

「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」は、従来のVR映像に比べ、目が感じる違和感を出来る限り払拭。高度な3Dカメラ技術と画像合成処理技術を採用しているため、現実の室内空間の中を実際に歩いているかのようなウォークスルー体験をVR特有の映像酔いせずに得られると言われている。

WEBページやお手持ちのスマートグラスを使用すれば、リアルな物件映像を閲覧できるので、遠方在住の方でも、物件の隅々まで見ることができると好評だ。

また、売り主様にとっても営業時間や販売活動に左右されないため、より多くの買い主様に物件を見てもらえる利点がある。試験導入として、武蔵小杉にある物件のVR内覧をした際には、約1か月で180件の閲覧があった。そのうち成約となった2組のお客様は、事前にネット上で物件の3D画像を内観しており、スムーズな売買につながったという。

現在はリストインターナショナル リアルティが販売している戸建・マンションのうち、約60の物件にVR内覧システムを導入。今後も随時、取り扱う物件にVR内覧システムを導入していく予定だそうだ。