プラレール

こんにちは、北見尚之です。

プラレールってご存知でしょうか。男性のかたなら、大人から子供まで、みんな知っていますよね。
おもちゃの青いレールの上で電車を走らせて楽しむ、それがプラレールです。ちなみに私の子供が使っていたプラレールはいまでも保管してあります。

先日、ネットのニュースでプラレールの新しい楽しみかた、というのを見かけました。動画があったのですが、それを見ても最初何が起こっているのか分かりませんでした。よくよく見ると、電車がひっくり返してあって、その上をリング状に繋げたレールがくるくると回転しているんです。

どういう状態か、わかりますか?私もびっくりしました。これを大きな輪にしたら、回転ずしができそうですね。私の子供が遊んでいた頃のことを思い出し、そのことを妻に話すと、「何言ってるの遊んでいたのは、あなたでしょ」と言われてしまいました。

確かに、レールを繋げて電車の走るコースや情景をつくるのは大人の仕事でした。子供はそこに走る電車をみて楽しんでいるんです。

でも、このおもちゃはいいですよね。子供と同じ目線で、一緒に楽しめるんですから。ちなみにレールの規格、電車の規格は発売当初から同じサイズで、昔の電車も使えますし、昔のレールも当然使えるんです。いずれ孫が使うんだろうなと思い、捨てずに保管してあるのはそういう理由もあるんです。

北見尚之