そもそも硬水と軟水は何が違うのか?

こんにちは、北見尚之です。

ふと疑問に思いました。硬水と軟水は何が違うのか?軟水と硬水の違いはカルシウムとマグネシウムの含有量の差で決まるそうです。水1リットルあたりに120mg未満だと軟水、120mg以上だと硬水とされています。

では硬水をあえて使用する利点とはなんでしょうか。実際に使っている人たちもいらっしゃるわけですから、軟水よりも良い点もあるはずですよね。

マグネシウムを多く含む硬水は便通を良くする効果があるとか。実際にマグネシウムは下剤に使われていることもあり、消化器系に影響を与えて便通を改善する効果があります。ダイエットをしているひとたちが硬水を利用するのは便秘解消のためだそうです。

また、カルシウム、マグネシウムを含む硬水は血液サラサラ効果もあるということで、動脈硬化を予防して血管系の病気にも良い影響をあたえるということです。

実際に硬水を使用しているのは外国の方が多いのですが、洋風の肉の煮込み料理には硬水のほうが合っているそうで、肉の臭みを消す効果が硬水にはあるそうです。そのかわり旨み成分まで吸収してしまいますので、素材の味を活かす日本料理には向かないといった意見もあります。

ただ、腎臓の機能に問題がある方が硬水を多量に摂取すると、硬水に含まれているカルシウムをろ過しきれないため、結石のリスクが高くなるそうなので、ダイエットのためだけに飲んでいる方は注意が必要でしょう。

逆に軟水は、肌にもやさしく、日本料理にも適している、赤ちゃんにも安心して飲ませることが出来ます。硬水よりよほど良いように思えますが、唯一のデメリットはミネラル補給ができないということでしょうか。カルシウム、マグネシウムが足りないと、足がつる、筋痙攣などの症状がでます。高齢で、よく足がつるかたで、食事やサプリメントでマグネシウムの補給が難しい場合は、この硬水をためしてみるのも良いのかもしれませんね。

ちなみに日本の水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水です。

北見尚之